work plus ~これからの「働く」が豊かになるメディア~

「働く」を豊かにする。をミッションに掲げるフィードフォースが、「働く」を豊かにするための取組みや調査のなかで知ったこと・気づいたことをカジュアルに発信しています。

地方学生の私にはメリットだらけ!フィードフォースのオンライン選考

f:id:workplus:20180829161530p:plain

これからオンライン選考を受けようと思っている方に向けて書いた記事です。

こんにちは!内定者インターンの永江です。現在島根県在住のためリモートでインターンに参加させてもらうことになりました!
突然ですが、みなさん「オンライン選考」って知っていますか?

オンライン上で説明会や面接に参加できるという画期的な選考方法です。この方法ならわざわざ企業まで行かなくても選考を受けることができます。実は私もフィードフォースの説明会と最終面接以外の面接をオンラインで行いました。

地方の学生にとって、東京での就職活動にかかる交通費と移動時間って本当に負担が大きいですよね…。オンライン選考であればそんな今までの負担ゼロで企業の選考を受けることができます。これは、地方学生にとっては、かなりありがたいのではないでしょうか?

そんな地方学生にとっては魅力的なオンライン選考ですが、まだ少し認知度が低いため、興味はあるけど実際に受けてみるのは不安だな~、そうお考えの方も多いはず!
そこで、今回はフィードフォースが行っているオンライン選考の内容と、私がオンライン選考に対して抱いていたイメージとの違いを比較してお伝えしたいと思います。

就活時に感じてた…オンライン選考への不安って?

f:id:workplus:20180827115415j:plain

今でこそみなさんにオススメしているオンライン選考ですが、はじめのうちはわからないことが多いせいか、マイナスなイメージを抱いてました。もちろんインターネットでオンライン選考について調べていましたが、どのサイトにもTV電話での面接のやり方や、通常の選考にも当てはまるようなアドバイスしか書いてありませんでした。そのため、実際にオンライン選考を受けてみてイメージとまったく違っていることが多くかなり驚きました

オンライン選考にマイナスイメージを持っている方は、この記事を読んでそのイメージが180°変わるかもしれません!それでは、実はマイナスイメージと正反対だったフィードフォースのオンライン選考の実態をまるっとお伝えしちゃいます!

気軽にいつでも視聴可能!自宅からオンライン説明会に参加してみた

f:id:workplus:20180827115525j:plain

そもそも、オンライン説明会ってどんな風に行われるのか想像しづらいですよね。まずは、フィードフォースのオンライン説明会に参加するまでの流れをご説明します。

私の場合は、就活のイベントにてフィードフォースのオンライン説明会の予約を行いました。イベント後、メールにてURLが送られてくるのでそこから採用セミナーを視聴することができます。

ここからちょっとだけ気になるポイントにお答えします!

Q. オンライン説明会ってわかりづらくないの?
A. オフライン説明会と同じ内容なので、わかりやすいです!

動画の内容は実際のセミナーを録画したものなので、オフラインでの説明会の雰囲気や内容と差異はありません。また、動画は3つに分けられているので自分の見たい内容を繰り返し見ることができます!実際、オフラインの説明会で「あ~、さっきの話もう1回聞きたいな…。」なんて思ったことありませんか?フィードフォースのオンライン説明会ならもう一度聞きたい内容をいつでも再生することができるんです。納得いくまで聞けるので、フィードフォースへの理解を深めやすくなると思います!

Q. 質問あるときはどうすればいいの?
A. メールやアンケートでなんでも聞いちゃってください!

オンライン説明会はリアルタイムでのセミナーでは無いので残念ながら質問の時間がありません。ですが、アンケートや面接中に質問の機会がもらえるのでまったく問題ありません! オフラインの説明会と同様に遠慮せず知りたいことは何でも聞いちゃいましょう。
窓口となる人事が個別に対応するので安心して説明会に参加してくださいね!

地方学生必見!マッチング重視なフィードフォースのオンライン選考徹底解説

f:id:workplus:20180829141712j:plain

フィードフォースの選考は3回以上の面接と作文、適性検査で構成されています。この選考のうち、2次面接まではなんとSkypeで参加することができるんです!説明会後、オンラインでアンケートに面接の希望日程などを記入します。この時に、オフライン面接かオンライン面接かを選ぶことができます!日程確定後は、面接前日までにメールで履歴書とSkypeID を提出するだけです。
当日は、面接時間の少し前にSkypeのチャットにて連絡があるので予定の時間より10分ぐらい前には待機しておくといいと思います!

それでは、ここからは実際のSkype面接の内容についてお伝えします!

Skype面接ってどんな感じ?

Skype面接のような画面越しの面接って、要点しか伝えない淡々とした面接をイメージしちゃいませんか?ですが、フィードフォースのSkype面接はそんなマイナスイメージと間逆です!というか、フィードフォースの面接ははっきりいって面接っぽくありません!自然な会話の流れで質問してもらえるので、すごくリラックスして普段どおりの自分で面接を受けることができます。面接中に趣味や部活動の話で盛り上がることもあり、実はちょっと楽しかったりするんです!

また、1次面接はこれまでの人生を振り返って一緒に自己分析してくれるので画面越しであっても自分の人間性を理解してもらいやすいと思います。

フィードバックとメンター制度付き!

メールで送られくる選考結果には自分の何が評価してもらえたわかる箇条書きのフィードバックがもらえます。フィードバックがあることで、自分の性格がどんな風に面接官に伝わっていたか確認できていいですよね!

面接や面談後のチャットを通しての会話がすごく丁寧で、学生のことをすごく気遣ってくれているのが伝わってきます。また、1次面接後社員がメンターとしてついてくれます!私のメンターを担当してくれていた社員は親身になって話を聞いてくれる方で、就活の話をした時はこんなメッセージを返してくれました!

f:id:workplus:20180827115721j:plain

  • 質問時間もしっかりもらえます!

学生のフィードフォースのカルチャーとのマッチングを大切にしているので、会社への質問の時間を面接中にしっかり取ってもらえます。私の場合、各面接ごとに30~40分ほど質問時間をもらいました。予定より面接時間が長引いてしまったとしても、すべての質問に答えてくれます。

また、2次面接と最終面接後に選考とは関係の無い面談の時間があり、現場の社員と話せるので、面接中は聞けなかったことを何でも聞けちゃいますよ。

  • 通信障害が起きてもすぐにフォローします!

実は2回の面接とも通信障害が発生してSkypeが途切れてしまったんですが、面接官が何度も電話を掛けてくれて、繋がらない場合はチャットで対応してくれました
一般的に、通信障害が起きたら面接結果にマイナスの影響を与える…なんて言われることが多いですが、2回も通信障害が発生した私が採用されているので心配無用ですよ!そうは言っても、やはり面接官にご迷惑をおかけするので通信環境のいい場所と容量の大きいデバイスで面接を受けることをオススメします。

(こんな感じでカッコ付けのコメントで気遣ってくれます。)

f:id:workplus:20180827115758j:plain

知れば知るほど働きたくなる!私の企業研究方法公開

f:id:workplus:20180827115948j:plain

ここからは、私が実際に行っていたフィードフォースの社風をより知るための方法についてご紹介します!
私の企業研究の手段はオウンドメディアと逆質問からの情報収集がメインでした。

オウンドメディアとは企業が発行している自社ウェブサイトやブログなどのことを指します。社内の雰囲気や、働き方を発信している企業も多く企業研究の際に参考にする方も多いかと思います。フィードフォースのオウンドメディアであるwork plusは組織/制度・人・コミュニケーション・SaaSなどバラエティに富んだカテゴリで構成されていて、IT業界に詳しくない方でも読みやすい記事が多いのが特徴です。

f:id:workplus:20180829121208j:plain

 

ちなみに、私のオススメ記事は、深谷さんのこの記事です。

ふつうの文系女子大生がITベンチャー企業に入って5年たった結果 - work plus ~これからの「働く」が豊かになるメディア~

私は文系学生なこともありIT業界を志すことへの不安が大きくあったのですが、この記事を読んでかなり勇気付けられました!
読みやすく、フィードフォースの制度や社員について知るにはもってこいのメディアなので興味を持たれた方は読んでみてはいかがでしょう。

f:id:workplus:20180829121851j:plain


続いて逆質問についてです。逆質問の時何を聞けば社風わかるんだろう…と悩む方結構多いかと思います。ですが、安心してください!フィードフォースの社員は質問への回答だけでなく、学生が気になっていることを推測してプラスαで答えてくれます。だから、些細な質問からでも詳しい社内の情報が得られるんです。

しかも、フィードフォースは、「働く」を豊かにするをミッションに掲げている会社です。それぞれの社員の価値観や、豊かに働くためにどんなことをしているのか聞いてみるといいと思います。将来、働くことを楽しみたいと考えている学生はロールモデルとなるような社員を見つけるチャンスです!とにかく気になることがあればあれば何でも質問してみてください!社員からの丁寧でわかりやすい回答がもらえると思いますよ!

内定者が語る!来社1回でも入りたくなる、フィードフォースの魅力

f:id:workplus:20180829124855j:plain


就職活動を通してさまざまな企業の選考を受けてきましたが就活をしていた当時、フィードフォースほど学生への思いやりのある企業ってそうそう無いように感じていました。コミュニケーションを通してお互いに理解を深め、学生にとって有意義な選考を行ってくれます。フィードフォースの細部まで思いやりの行き届いた選考だったからこそ、来社1回でも納得のいく形で就職活動を終えることができたのだと思います。

また、成長意欲の高く、学びと挑戦を楽しんでいる社員が多いのがフィードフォースの特徴です。選考を通して、働くことについてポジティブな見解を聞くことができ、自分の将来を考える上でもすごく参考になりました!少しでも興味を持たれた方は説明会の動画視聴や社員に話を聞いてみることからはじめてみませんか?内定者である私も、この記事を読んでいるみなさんといつか選考でお会いできるのを楽しみにしています!