work plus ~これからの「働く」が豊かになるメディア~

「働く」を豊かにする。をミッションに掲げるフィードフォースが、「働く」を豊かにするための取組みや調査のなかで知ったこと・気づいたことをカジュアルに発信しています。

危険な暑さが続くので、オンラインでの商談を推奨します

f:id:nabeharu:20180730091720j:plain

営業に来ていただく際は、Skype などを利用してオンラインでの商談を推奨することにしました。

オンラインでのリモート商談を推奨します

こんにちは。フィードフォース人事部のなべはるです。
暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
人事として、色んな会社さんから営業に来ていただくことが多いのですが、この暑さですから弊社に到着されるころには皆さん汗だくです。

「命に関わる危険な暑さ」なんていう物騒な表現がニュースから聞こえてくることもあり、こんな汗だくになってまで訪問いただくのは申し訳ないという思いから、オンラインでのリモート商談を推奨することにしました。

手段は Skype や bellFace、場合によっては電話で行うこともあります。
弊社人事部に提案いただく際は、是非オンラインで商談しましょう!
もちろん、来社いただくことも可能ですので、お好きなほうをお選びください(来社いただく場合は冷たいお茶をご用意します)

ちなみに、涼しくなってからも同様にオンラインでの商談を推奨しようと考えています。暑さはオンライン商談を考えるきっかけになりましたが、気温は関係なくお互い効率的に働ければと思います。お気軽にオンライン商談をご提案ください。

f:id:nabeharu:20180730093559j:plain

日常のコミュニケーションもオンラインに残す

余談ですが、日常のコミュニケーションもオンラインに残す働き方が求められていると感じています。
1年ほど前からわたしの所属する人事チームは取引先とのやり取りのポリシーを下記のとおり決めています。

  • 急ぎの用件をのぞき、電話でのコミュニケーションはしない
  • コミュニケーションはメール、もしくはチャットで行う。その際、関係者も必ず宛先に入れる

電話でコミュニケーションしてしまうと、その内容を関係者へ共有するという2度手間が発生していまいますし、そもそも席を外すことも多いのでメールやチャットの方が確実で安心です。

リモートワークという働き方も当たり前になりつつあり、従来の電話&直接訪問以外のコミュニケーション手段を状況に合わせて最適に活用していくことが求められますね。
どのコミュニケーション手段が最適かは状況によって異なると思いますので、そのときそのときで柔軟に考え、効率の良い働き方を目指せればと思います。