work plus ~これからの「働く」が豊かになるメディア~

「働く」を豊かにする。をミッションに掲げるフィードフォースが、「働く」を豊かにするための取組みや調査のなかで知ったこと・気づいたことをカジュアルに発信しています。

最先端のアドテクノロジーでお客様に貢献する、アカウントコンサルタントの想い

f:id:workplus:20180607112243j:plain

ダイナミック広告に特化した広告運用代行サービス「Feedmatic」に所属する、なかじーこと中島さんにインタビューしました!

マーケティングの最先端で働きたい

ーフィードフォースに転職した理由は何でしょうか?

前職はリスティングやSEOサービスなどをメインで取り扱っている広告代理店で営業をしていました。

SEM関連は競合も多く差別化が非常に難しく、自分自身が成長するためにもっとマーケティングの最先端で働きたいという想いが強くなり転職を考え始めました。

なんでも「できます!」ではなく、強みにフォーカスしてクライアントに貢献できる

フィードフォースのことは転職する前から知っていて、データフィードを活用して高度なダイナミック広告の運用をする会社というイメージを持っていました。

広告関連でわからないことがあればすぐGoogleで検索していましたが、よくFeedmaticブログの記事がでてきて、その記事を読んで勉強していたんです。最新のマーケティングの動向を惜しげもなく公開していてすごいなーって思っていました。

blog.feedmatic.net

実際に入社してみて、広告運用担当者やエンジニアの方はもちろん、営業のメンバーもデータフィードに詳しいことに驚きました。ダイナミック広告についてはみんなプロフェッショナルなんだと実感しています。ネットで調べてもわからないようなことでも、社員に聞けばすぐやさしく教えてくれます。本当にありがたい環境です。

現在の仕事は、Feedmaticチームでのアカウントコンサルタントです。
お客様のマーケティング戦略や課題をヒアリングし、ダイナミック広告を通じてどのように貢献することができるのか、日々考えて提案しています。
もちろん1人で行うのではなく、広告運用コンサルタントやテクニカルコンサルタントのメンバー・内容によってはエンジニアと連携しながら行います。テクノロジーに強いメンバーが多く、たとえば通常では難しい広告APIを活用した広告出稿なども可能なので、提案の幅が広がりとてもやりがいがありますね。

また、フィードフォースとして価値を発揮できることについては新しいことでも積極的に取り組みますが、価値を発揮しづらい部分についてはお客様に正直にお伝えしてパートナー企業を紹介するなどしています。常に意識していることは、なんでも「できます!」ではなく、何がお客様にとって最適なのか、を考えることですね。

「働くを豊かにする」というMissionと広告代理店事業

入社前にフィードフォースのMissionを見て驚いたのを覚えています。広告代理店事業をやっているのに「働くを豊かにする」というMissionだったので、めずらしいなって思いました(笑)

フィードフォースには、人じゃなくてもできることは自動化しようというカルチャーがあります。先日、広告運用サービスで必要になるレポート作成と送信作業が自動化されました。レポート関連作業は多大な工数がかかっていたのですが、自動化したことで数値からの考察や新しい施策の企画・実施に時間をかけることができるようになりました。

担当するクライアントも10社以下なので、1社1社にじっくり時間をかけて対応することができます。また、フレックスタイム制の導入やリモートワークのテストも開始され、働く時間のコントロールがしやすいです。時間を作って外部セミナーに参加したり、早めに帰ってマーケティングの最新動向を学んだりすることもできています。

いろんな職種にチャレンジしたい

ーどんなキャリアプランを考えていますか?

データフィード・ダイナミック広告について、国内トップクラスのノウハウが社内にあるのでそれらの知識やノウハウをしっかり身につけ、お客様と新しい取り組みをして貢献していきたいです。

フィードフォースでは複数サービスがあり、新しい事業にもチャレンジできる環境なので、営業以外の他の職種もやってみたいです!

f:id:workplus:20180607112315j:plain

 

アカウントコンサルタントを募集!

Feedmatic アカウントコンサルタント

フィードフォースでは、Feedmaticのアカウントコンサルタントを募集しています!まずはお気軽にご連絡ください!

求人詳細を見る