work plus ~これからの「働く」が豊かになるメディア~

「働く」を豊かにする。をミッションに掲げるフィードフォースが、「働く」を豊かにするための取組みや調査のなかで知ったこと・気づいたことをカジュアルに発信しています。

フィードフォースアドベントカレンダー紹介 ~おすすめ記事とともに~

f:id:phiitakes:20171227170603p:plain

 フィードフォースのアドベントカレンダーについて、おすすめ記事付きで紹介します! 

----------------------------------------------------------------------------

こんにちは!セールスチームの井形です。
本日は、フィードフォースで12月に執筆したアドベントカレンダーについて紹介したいと思います。筆者厳選のおすすめ記事も紹介しております!

アドベントカレンダーとは?

Wikipedia によると、アドベントカレンダーとはもともと下記のことを指します。

アドベントカレンダー (Advent calendar) は、クリスマスまでの期間に日数を数えるために使用されるカレンダーである。待降節の期間(イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)に窓を毎日ひとつずつ開けていくカレンダーである。すべての窓を開け終わるとクリスマスを迎えたことになる。

私達日本人にはあまり馴染みがないイベントですが、欧米ではクリスマスを待つまでの恒例のイベントとなっているようです。

このイベントがWeb上で派生し、「12月1日からクリスマスの25日まで、毎日ブログなどでコンテンツを公開する」ものとして定着してきたのが、これからご紹介するアドベントカレンダーとなります。

最近は Adventar のサービス上に特定のテーマを決めて、公開を行っていく場合も多いようです。 

adventar.org

フィードフォースアドベントカレンダーの歴史

そんなアドベントカレンダーをフィードフォースで書き始めたのは2015年のことです。

adventar.org

2015年はエンジニアのみが書いており、技術的な話が中心となっていますが、ボドゲについての話や、マネジメントについての話など、必ずしも技術に限らず、その時に振り返りたいことであったり、伝えたいことを中心に記事が書かれていたようですね。

2016年からはエンジニアに限らず、セールスやマーケティングチームなど、様々なメンバーが記事を書くようになりました。

adventar.org

技術的な話に限らず、私生活でのライフハックや趣味の話など、話題が多岐に渡っていて、それぞれの個性を知れるような記事が多いですね。
また、記事の公開場所もはてなブログが一番多いですが、LINEブログに書いている人もいます。より手軽で始めやすかったのでしょうね。最近はこのように手軽に何かを始められるサービスが充実しています。(work plusはそのようなサービスを提供する/使用する人を応援しています!)

そして今年、2017年もアドベントカレンダーが作られ、無事完走いたしました!メンバーによっては10月頃から心待ちにしていた模様で、いかにアドベントカレンダーがWeb業界にとって馴染み深いものとして定着しているかがわかります。

adventar.org

2017年のおすすめ記事4選

ここからは2017年のアドベントカレンダーより筆者の独断でいくつかの記事を厳選しご紹介いたします。

1. 将棋歴17年。成長の止まった僕が、1日20分で強くなる方法。

まずは、フィードフォース内定者の森が、自身の趣味である将棋で強くなる方法について分析した記事です。

medium.com

惰性で将棋を指してしまいがちであることを省みて、強くなるための現状把握と施策を考察しています。
冷静な自己分析は非常に論理的で説得力を持っており、社内でも話題になっていました。
ちなみに2017年は空前の将棋ブームでしたが、弊社でも森や別のメンバーが集まり将棋部が立ち上がったそうです。 

2. プロダクト広報がプレスリリースを継続して出すために意識している3つのポイント

こちらは、 2017年12月のFFアワードでバリュー賞に選出された 広報の金井による、プロダクト広報を行う際に気をつけていることの纏め記事です。

workplus.feedforce.jp

セールスの一員である私としては、お客様から「プレスリリースを見て問い合わせました」とご連絡をいただくことも多く、フィードフォースの認知度が高まっていくことを実感するとともに、継続的に発信されるプレスリリースを非常に心強く感じておりました。

これらのプレスリリースを出すまでの多くの地道な行動に対して、社内でも称賛の声が上がっておりました。

3. レビューを受ける前に僕が気をつけいていること2017

続いてこちらの記事。 

pokotyamu.hatenablog.com

スター・ウォーズについての記事のようなアイキャッチですが、そこは本題ではありません。
エンジニアの pokotyamu がコードレビューを受ける際に気をつけていることについてまとめています。
エンジニア向けの記事ではありますが、自分が今何に取り組んでいるのかや、今後どう考えていくのか、どこに躓いているのか、どこを見てほしいかなど、冷静に考えて発言しているということで、私のようなセールスメンバーでも上長への報告、相談などで気をつけるべきポイントがあり、非常に参考になりました。 

4. 2017年 今年読んで良かった本

最後はこちら。フィードフォース代表の塚田による、フィードフォースアドベントカレンダー 2017 締めの記事です。

medium.com
塚田は多読家なのですが、去年に引き続きアドベントカレンダーの締めとして、今年の名著を紹介しています。皆さんの年末年始の読書の参考としてみてはいかがでしょうか?

以上、私の独断でいくつか記事をピックアップしましたが、その他にも動画を公開しているメンバーもいるなど、非常に興味深い記事が多いですので、ぜひ皆さん気になる記事を読んでみてください。

feedforce Advent Calendar 2017 - Adventar

情報発信は大事

こうして振り返ると、つくづくフィードフォースでは情報発信の文化が根づいているなと思います。

フィードフォース社員の行動指針である「FFバリュー」 の一つには「積極的に情報発信する」という項目があり、会社としても情報発信を強く推奨しています。実際に各社員も、社内外で多くの情報共有、情報発信を行っており、バリューが深く根付いているようです。
work plus も、フィードフォースに根付く文化や、社会の新しいトレンドを皆さんに知ってもらうべく、積極的に情報発信してまいりますので、今後もお読みいただけると嬉しいです。

work plus の2017年の更新はこれで最後になります。皆様お付き合いいただきありがとうございました!2018年も「働く」を豊かにする記事を公開していきますので、変わらずお読みいただけると嬉しいです♪